So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

1月14日 タロとジロの日,愛と希望と勇気の日

1月14日

タロとジロの日,愛と希望と勇気の日
1959(昭和34)年のこの日、南極に置き去りにされた南極観測隊の2匹のカラフト犬・タロとジロの生存が確認された。
1956(昭和31)年の秋、南極観測船「宗谷」で11人の隊員が東京港を出発。15頭のカラフト犬も犬ぞり隊として参加した。1958(昭和33)年、第2次越冬隊を送り込む為再び「宗谷」は南極に向かったが、厚い氷にはばまれて断念。11人の越冬隊員はヘリコプターで救出されたが、15頭のカラフト犬は救出することができず、鎖につないだまま氷原に置き去りにされた。翌1959(昭和34)年のこの日、ヘリコプターが2頭の生存を確認した。南極から打電されたこのニュースは、世界を愛と希望と勇気の感動で包んだ。
ジロは南極で死亡したが、タロは5年後に日本に生還して北海道で余生を過ごした。

南極物語の映画はテレビで見たような気がします。

昨日の記事の続きです。
4235.JPG
こらちはいい感じで撮れました、カワラヒワ。多分オスかとおもいます。
鳴き方が可愛いですね
たとえ方はいろいろありますが、「キュルキュル」っていう感じと、「ビュィーン」っていう鳴き方と
両方交互に鳴いている感じでした。
「キュルキュル」っていのはメジロの鳴き方と似ているので、ちよっと私には区別がつきません。

4240.JPG
この紅梅は咲ききっている花があります。

4242.JPG
いつもこの紅梅はほかの梅が咲いたときにはすでに花がなかったような感じで、一番早いイメージでした。今年もそうなりそうです。



今日もご訪問、nice!を頂き、ありがとうございました
nice!(61)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感